[PR 広告]

[PR] 男の子を希望するママに必須のサプリ!

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

九州男 「大股で歩いてく」

九州男 「大股で歩いてく」




2004年6月28日 落とし物を拾った

歩いてく大股で
力強く大股で
いろんな景色を見たいから
走りはしないよ ちゃんと見たいから

これは使命だと思った

声が記憶を宿し 温もりが背景を動かす
踏みしめろと足跡が時期を待っている
一筋の陰が旅路を指差した
何かを犠牲にして人は大人になっていく

いつまでも引きずったままに
この重い想いは削れてすり減った形

軽い足で ステップ踏んで
重力に打ち勝ち顔上げてた
過去が泣いて 未来が笑って
やじろべえの様に揺れるour days
靴底埋めて 土蹴り返して
限界の歩幅で進む事がつぐないの様な気がして
絶対涙なんかこぼさない 絶対弱音なんてこぼさない
だってお前との約束が体内から消えてしまいそうで

振り向いた笑顔に手が届きそうで
闇雲にもがいても置いてけぼりで立ち尽くす

日が昇る 夜が去っていく
悲しみも 共に去っていく

深夜穏やかなさざ波が波うつ事を止めて不快な音が鳴り響いた
悲しみは怒りに変わり叫んだ 朝日が照らした
出会いは春、いや夏に入りかけるセミの知らせが聞こえてた頃
人見知りな俺に人懐こく簡単に懐に入ってきた
お前の笑顔はまだ幼児みたいでさ
そんな感覚は未体験ですんなり受け入れてしまった
それからは仲の良い子供みたいに何でも分け合って
夢や希望、喜怒哀楽までソーダアイスみたいに半分こ
変わらず退屈な日々だったはずが不思議と捉え方は違って
暇が暇を埋め尽くすように忙しさすら何故か感じだして
ずっとずっとこの場面が続くかの様に揺れる振り子時計の秒針
でも体感速度の何倍ものスピードでカレンダーは表示
あんな日が訪れる事を神様は知ってたのか
いろんな景色を見たいと大股で歩きパンパンのリュックの後ろ姿
詰め込まれてたのはそこにしかない才能と誰にも負けない好奇心
リュックからこぼれ落ちたのは俺への想いのカケラ
それが唯一のお前の形見

戻ってこなかったどんなに涙を流しても
だから今は諦めて2人の意思の間を歩いてる
なあ、ちゃんとそばにいるんだろ?
見たかった景色を見るんだろ?
このままで終わらせるわけにはいかないんだろ?
じゃあどこまでも行こう

歩いてく大股で(前を向いて)
力強く これからも大股で(力強く)
いろんな景色を見たいから(行けるとこまで)
お前の分まで ちゃんと見たいから

親愛なるお前に捧ぐ

泣ける歌 九州男「dear grandma」

泣ける歌 九州男「dear grandma」



覚えてるかい?なぁ、Grandma
あの頃の僕といったらどうしたもんか
どうか、時を越えてあなたのもとへ…

今思い出すよ 僕がまだ幼い頃いつも見守ってくれた天使がいたのさ
やさしく微笑みかけて危なかしい僕を助けてくれた
愛らしくてか弱い天使がいたのさ
震える手で頭なでてくれたね 曲がった背中でおんぶしてくれたね
鮮明に覚えてるよ暖かく心地よい僕を見てた目を
僕は眠りにつく時まで守られてた最高の愛で
まるでそっと羽で包まれスヤスヤその中でうずくまってた

あれからどれぐらい経ったんだろうか
遠くからまだ見守ってくれてるのだろうか
見せたかったこの姿 もしもこの声が聞こえるのなら
どうかもう心配しないで

また思い出すよ
僕がまだ幼い頃いつもそばにいてくれた天使がいたのさ
だけどもう飛べなくなっていた 羽はボロボロになっていた
きっと助けを待っていたのに僕は気付けなかったのさ
僕を呼ぶ震える声はいつもとちょっと違ってた
ゆっくり差し伸べる手は行方失い空に浮いてた
心和ませてくれた目は開かずに涙溢れていた
あの時わかってたんだね 別れが近づいてたって事を

あれからどれくらい経ったんだろうか
遠くの地で今でも元気でいるのだろうか
言いたかったけど言えなかった
もしもまだ間に合うのなら どうか愚かなを許して

悲しみと痛みのジレンマで動けなくなった朝が来るまで
後悔の渦に飲み込まれ、ままならなくなった喋る事さえ
僕は天に祈った一つだけ
「もうわがまま言いません、いい子にしますから、
だから帰ってきてください。」
幾度と繰り返した次の朝が来るまで

光が優しく僕を包み込む 覚えてるこの温もり 願いは通じたんだ…
朝日が差し鏡に映り込む目が腫れた寝起きの僕だけがそこにいたんだ

あの頃の僕は無知で、バカで、
どうしようもなくて隠せなかった苛立ちを
あなたにぶつけてたくせ、都合がいい時だけ助けを求めてた
ごめんね。そしてありがとう。大人になってやっと気付くなんて…

oh my dear grandma 遠くからまだ見守ってくれてるのだろうか
見せたかったこの姿 もしもこの声が聞こえるのなら
どうかもう心配しないで

どうかもう心配しないで grandma
『言葉』の武器

ビガップ

Author:ビガップ
Respect to all Reggae Funs!!


僕は自分を革命家だと思っている
誰の助けも借りず買収もされず音楽を武器に単身戦っているからだ
(ボブ・マーリィ)

仲間のきたいキチンと答えろ
道まちがえたら1からあらためろ
地下で近場から足もとかためろ
もう一度一から自分見つめろ
(TERRY THE AKI-06)

やがてレゲエが世界を席捲するだろ (ジョン・レノン)

ラスタマン










最新記事
カテゴリ
レゲエブログ

Twitter Account
 X 閉じる