MASH / 僕がいた

MASH / 僕がいた



まだ見た事ない世界 つまり明日に向かって行こまい 誰かが今日願いかける星の下
まだ満たせない心は底なし沼 確かに昔はたいした保障がないのに未来を信じれた
頑張れば夢は叶うと教えられた・・・ 大人になって謎が解けて やがて僕気付いた守られてたことに
ファミリーつまり親 親父 おふくろは世間と闘った
「今、僕どうなの」自分に問う 夢や理想ばかりで中身がない 愛するあの子も守れてない僕がいた

夜空を尋ねていた無数の星が照らした星座
いつの間にかその場所の光さえ その場所にあるのが普通になってて
気付いたら見えなくなってて 昨日から明日は待ってて あぁやばい どうしよう どう思うマイセルフ
それでも始めるしかないのか 光を集めるんだ ひるんだらダメ ひるんでも良いんだよ
僕らは人間 スーパーマンじゃない 明日はこっちでいいのかい
ひとまずこっちで良いのさ いいよな いいだろう さぁいこうLife 夢があるなら

何もかもが信じれんくなって 悩んで唸って捻り出したその答えは
未来の前では本当無意味で それでも自分には本当の意味での宝物であり儚く脆い
名も無い日々には名前をつけよう 月、火、水、木、金、土、日曜 僕は人生に意味を探すよ
何も恐れることなんかないさ 夜の星が夜光るように
僕がいつも求める答えは 世界に全てあるのだとしても それほど重要ではない
それに気付けたことがそう重要なのさ そして夜に再び目覚めた星達のようにいつかは輝くから

夜空を尋ねていた無数の星が照らした星座
いつの間にかその場所の光さえ その場所にあるのが普通になってて
気付いたら見えなくなってて 昨日から明日は待ってて あぁやばい どうしよう どう思うマイセルフ
それでも始めるしかないのか 光を集めるんだ ひるんだらダメ ひるんでも良いんだよ
僕らは人間 スーパーマンじゃない 明日はこっちでいいのかい
ひとまずこっちで良いのさ いいよな いいだろう さぁいこうLife 夢があるなら

星が歌いだす夜には月と宵の明星がおしゃべりしてて
僕はなんだかちっぽけになって ソッポ向きかけたあの場所の夢を再び訪ねていた
夢を追いかけるその果てに何があるのか そして僕も今流れ落ちた星屑のようにいつか燃え尽きるから

夜空が尋ねていた 「おまえよ本当にそれでいいかい」
いつの間にかこの胸の痛みさえ この街で生きるには普通になってて 気付いたら顔じゃ笑ってて
鍵掛けた心は泣いてて あぁやばい どうしよう どう思うマイセルフ

何度も重ねるしかないから希望をさがし歩いた そして会えたよ数々の人たちと
目指す場所明日はきっと晴れるから 明日はこっちで良いかな
ひとまずこっちで良いかな いいよな いいだろう さぁいこうLife 夜が明けたら

何もしんじれなかったあの日々が嘘のように なぜか今日は輝き出しそう星空のように
夢の続きその場所を飛んでいるんだ

Living My Life 心 手を当ててみろよ 確かに感じるリズム明日はすぐそこにいる

MASH / 稲穂

MASH / 稲穂

有線リクエストチャート1位!愛する故郷や家族への感謝を歌った号泣ソング!!



夢見る丘でずっとうたた寝転んでいたいだけの
夢追い人じゃきっとうまくはいかないのさ
現実覗けばぞっと虚しさ横たわる
道なり続いてる道はちょっと切ない風吹いてら
いつからだろうか僕の見上げた空がやけに狭くて
肩をすぼめやちょうど いよいよ大人になる
悲しみなんてそう ずっといらない物だと目を伏せてた
生きていく為にゃちょっと必要かもしれない

※「ありがとう」忘れてる街の歌
争う様に僕もまたそこにいた
果てないストーリー 始まりはいつも今
蹴飛ばす様に飛び出した光の中※

実家に帰る ずっと最近は顔も出さなくなり
そろそろ今日ひょこっとまぁ顔でも出すかな
忙しい事をホント言い訳に今日溜息にする
振り返ればほとんどほら何にも無いだろう
思い出の道を散歩 懐かしい場所は変わらぬまま
あの日の風がビュッとまだ吹いてる気がしたんだ
坂道を登りふと一息をついて見下ろしたら
田んぼに揺れる稲穂 黄金色がゆらゆら

(※くり返し)

もういいかい まぁだだよ
あの日の空が笑いかける
もういいかい 戦おう
夢見る心忘れないで
心配ない 前を見よう
目の前広がる 明日への扉が今
one more time 燃やせ炎その胸に

泣き出すように降り出した僕の空
逃げ出すように立ち向かえ風の中
めげないストーリー 始まりはいつも今
蹴飛ばすように飛び出した雨の中

「ありがとう」忘れてた僕の歌
争う様に君もまたそこにいた
果てないストーリー 始まりはいつも今
蹴飛ばす様に飛び出した光の中

春夏秋冬と顔色を変える景色と空
僕らにほんのちょっと似ているような気がした
夢見るだけでずっとうたた寝転んで未来だけを
手に入れようとずっとしていたかもしれない
『言葉』の武器

ビガップ

Author:ビガップ
Respect to all Reggae Funs!!


僕は自分を革命家だと思っている
誰の助けも借りず買収もされず音楽を武器に単身戦っているからだ
(ボブ・マーリィ)

仲間のきたいキチンと答えろ
道まちがえたら1からあらためろ
地下で近場から足もとかためろ
もう一度一から自分見つめろ
(TERRY THE AKI-06)

やがてレゲエが世界を席捲するだろ (ジョン・レノン)

ラスタマン










最新記事
カテゴリ
レゲエブログ

Twitter Account
 X 閉じる